新デザインマンホール、できました!

先日のデザインコンテストで新デザインが決定した小笠原村のマンホール。

新デザインの第1号が出来上がってきました。

という訳でご紹介しましょう。




デザインした田浦さんの原画がこちら。


「冬の小笠原の海を泳ぐクジラのブリーチングを中心として、南国のイメージである太陽と夜空に流れる流れ星をイメージしてデザインしました」とのことでした。
いい感じでしょ?

新旧マンホールそろい踏み。
イルカとクジラ、小笠原の海の人気者、ストリート上の競演です。
ちょっとレア光景かも。


新マンホールは今後、街中のどこかで徐々にお目見えしていく予定です。
路上でブリーチングするクジラくん、どこにいるかチェックしてみてくださいね。

母島の様子!

男鹿水族館での、「小笠原展~第2弾~」開催決定!!

秋田県男鹿(おが)市にある「男鹿水族館GAO」において、6月24日~8月31日の間、
夏期特別企画「小笠原展~ウミガメがつないだ、東京と秋田~」が開かれていました。

この企画展開催のきっかけは、小笠原で放流した「アオウミガメ」でした。
本州から南約1,000キロ先に浮かぶ海洋島「父島」から出発した「アオウミガメ」は、
太平洋を抜け、本州を周り、日本海に入り、男鹿市の海岸で保護され男鹿水族館GAOで元気になりました。
小笠原村と男鹿水族館をつなげ、人々の交流へとつなげてくれた一頭の「アオウミガメ」は、8月20日多くの方が見守る中、父島で放流した家族の手によって再度男鹿市の沖合から、海へと放流されました。
偶然にも、小笠原村と男鹿市が「ふるさと」となった奇跡の「アオウミガメ」、元気に育ってほしいと思います。

さてこのような理由で、秋田県男鹿市に突如登場した「南国の小笠原展」、大変好評だということで、なんと第2弾が開催されることになりました。

第2弾は、小笠原の文化にも焦点をあてた企画となっており、アオウミガメ再放流の映像も見ることができるようです。
また、男鹿水族館GAOでは、様々な秋季イベントが予定されています。詳しくは下記HPをご覧ください。
「男鹿水族館GAO ホームページ」
お近くにお住いの皆様、また近くにお越しの方、この機会に小笠原の特異な文化を少し覗いてみませんか。

「おがさわら丸」の運航について

台風15号の影響により、運航を中止していました「定期船:おがさわら丸」ですが、
9月2日(土)11:00、東京港竹芝桟橋出港で運航再開となりました。
通常スケジュールから、東京出港のみ1日延期した運航となります。
詳しくは、小笠原海運HPよりご確認ください。⤵
「小笠原海運ホームページ」

なお、この便は台風15号の影響を受けることから、翌日(3日)の父島入港に遅れが生じる可能性があるとのことです。
また、9月3日の母島行定期船「ははじま丸」は、おがさわら丸の父島入港に合わせた時間での運航となります。
※9月2日の「ははじま丸」は、台風15号の影響により欠航となりました。

帰りの父島出港については、9月5日(火)15:30で変更はありません。

村内の皆様、小笠原はまだ暴風域内であるのと、土砂災害警戒情報が発令されていますので、引き続きお気を付けください。

9月1日 東京発「おがさわら丸」の中止について

台風15号の影響により、9月1日(金)東京発の「おがさわら丸」について、先ほど中止との発表がありました。
9月2日以降の運航については、明日(9月1日)13時頃に、下記⤵「小笠原海運HP」にて発表されます。
「小笠原海運ホームページ」

現在、父島の西南西でほぼ停滞している台風15号ですが、今後は北に進む予報となっています。
村内に滞在の皆様は、引き続き警戒をお願いいたします。

サマーフェスティバル2017「ビーチバレー大会」

8月26日(土)は小港海岸においてサマーフェスティバル「ビーチバレー大会」が行われました。

ビーチバレー大会は、男女合わせて20チームが参加しました。



男女共に白熱したゲームが繰り広げられました。





次のイベントは、本日8月28日(月)に「南洋踊り&KAKA」の2回目が予定されています。

皆さん、ふるってご参加ください。

母島の様子!

サマーフェスティバル2017「盆踊り」

昨年は残念ながら最終日が天候不良で中止となってしまいましたが、今年は天候に恵まれ、無事フェスティバルを行うことが出来ました。

多くの村民、観光客の皆さんが会場にいらっしゃいました。






盆踊りも夜店も大盛況で、

2日目には打ち上げ花火も行われ、多くの人の目を楽しませてくれました。

 

 

さて、サマーフェスティバルも半ばまでやってまいりました。

次のイベントは、本日8月16日(水)に「星空観望会」が予定されています。

母島の様子!

サマーフェスティバル2017「南洋踊り&KAKA」

8/7(金)、サマーフェスティバル「南洋踊り&KAKA」が、お祭り広場にて行われました。

開始前にパラッと雨が降ったせいか、少しガランとしていましたが、



開始直前になると多くのお客さんが集まってくれました。



最初に南洋踊りの由来などの説明があり、



そして、南洋踊りとKAKAの演奏が披露されました。



南洋踊りとKAKAの演奏の披露の後は、お客さんにも南洋踊りを覚えて帰ってもらおうということで、その場でお客さんにレクチャータイム。

お客さんの間に踊り手さんが入り、彼らをお手本にみんなで練習しました。



そして、曲に合わせてみんなで南洋踊りを踊りました。

大人数で踊ると一体感もすごいですね!



最後にみんなで小笠原古謡「レモン林」を歌い、



お客さんはKAKAをたたいてみたり、踊り子さんと記念撮影をして無事終了しました。







さて、サマーフェスティバルはまだまだ続きます。

次は、明日8月11日(金)~13日(日)に「盆踊り」が

お祭り広場で夕方6時30分から行われる予定です。
12日(土)には花火も打ち上げられます。



皆様、ふるってご参加ください!

母島の様子!

サマーフェスティバル2017「JAMMIN’」

8/5(土)は、音楽愛好家による野外ライブ「JAMMIN’」が開催されました。

去年、一昨年と悪天候で延期や中止の憂き目にあっていましたが、
今年はそんな溜まりに溜まった野外ライブへの想いが雨雲を吹き飛ばしたのか無事開催できました。
各バンドも思い思いの音楽で観客と一体となり、会場は大いに盛り上がりました。






さて、今後もサマーフェスティバルは続々とイベント目白押しです。
次は本日午後7時半から、「南洋踊り&KAKA 」が、お祭り広場にて披露されます。

 

皆様、ふるってご参加ください!

母島の様子!

サマーフェスティバル2017「ウミガメ放流」

8月1日(火)、サマーフェスティバル2017最初のイベント、「ウミガメ放流」が行われました。

今回は台風5号の影響で、前便のおがさわら丸が欠航し、参加者も少なくなってしまうかなと心配しておりましたが、そんな心配を吹き飛ばすように多くの観光客・島民の皆様が集まってくれました。

まず、最初に小笠原海洋センターのスタッフさんからカメについてのレクチャーがありました。
そして待ちに待ったウミガメの放流。
可愛らしい子ガメたちが海に向かって歩き出しました。




また、この子ガメたちが大きくなり小笠原に産卵に戻ってくるのが待ち遠しいですね!



さて、今後もサマーフェスティバルは続々とイベント目白押しです。
次は8月5日(土)、「JAMMIN’」が、お祭り広場で午後5時30分から開場し、午後6時から開始します。

 

皆様、ふるってご参加ください!

母島の様子!

ヨット単独無寄港で世界一周を達成し、立尾征男さんが父島に来島

 15年前に東回りでヨット単独無寄港での世界1周を達成した立尾征男さん(76)が、再び東回りのヨット単独無寄港世界1周を無事達成し、ゴール地点である父島に寄港されました。



 本日15:30頃入港し、しばらくの間父島に滞在するそうです。

 


(出迎えられ、レイの贈呈を受ける立尾征男さん)
 
 

 この約5万5千キロの世界1周の道程は約1年に及びました。
 無事世界1周を達成した立尾征男さんを今日のこの日に出迎えることが出来うれしく思います。
 立尾さん、お疲れ様でした!