サマーフェスティバル2018 野外映画会

1か月近く続いたサマーフェスティバル2018も佳境にさしかかり、
8月31日には、恒例の「野外映画会」が開催されました。

小さなお子様たちには大人気なイベントです。

夕涼みしながら大きなスクリーンで、昔懐かしい映画を
皆さん超リラックスムードでお楽しみでした。

来年は何やるのか、今から楽しみです。

母島の様子!

サマーフェスティバル2018 星空観望会

8月30日(木)は、サマーフェスティバルのひとつ、星空観望会が行なわれました。
1回目はあいにくの空模様で中止となってしまいましたが、今回は満点の星空が迎えてくれました。
会場では多くの天体望遠鏡が用意されており、観察前には北極星や、星座・木星・土星等のレクチャーが行なわれました。

また次のイベントは、本日8月31日(金)午後6時半からお祭り広場にて「野外映画会」が予定されています。
また、明日には朝9時から小港海岸にて「ビーチバレー大会」が、午後6時半からお祭り広場にて「NEWSボニンタイム」が開催されます。
皆様、ふるってご参加ください!

母島の様子!

サマーフェスティバル2018「花のように 第一夜 & 第二夜」

8/25(土)にサマーフェスティバル2018「花のように 第一夜 フラ・オハナ」が、
8/26(日)にサマーフェスティバル2018「花のように 第二夜 松永希 ロケットマツ LIVE」が、行われました。
初日の第一夜では、途中に突然のスコールが起こるというアクシデントもありましたが、無事最後まで開催することが出来ました。



多くの観客の皆様がフラ・オハナを見に会場に集まってくれていました。

 

そして、子どもから大人まで多くの出演者の皆さんがすばらしいステージを披露してくれました。



また、第二夜では、台風の影響であわやゲストが来島出来ないのではといった心配もありましたが、無事ゲストも来島することが出来、無事最後まで開催することが出来ました。







次のイベントは、8月30日(木)に「星空観望会」が予定されています。

一回目は天候の影響で中止となってしまってしまいましたので、二回目は無事開催できるといいですね!

皆さん、ふるってご参加ください。


母島の様子!

麻布十番 納涼まつり 2018

毎年、たくさんの屋台がたち並び、いろいろな種類の食べ物を楽しめる『麻布十番納涼まつり』が8/25(土) ~ 08/26(日)に開催されます。
このお祭りに、小笠原村の貴重な小笠原ラムの屋台を出店します。

日時:8/25(土) ~ 08/26(日)15:00~21:00
場所:まつり本部・案内所(麻布十番会館)の近く


島内でしか購入できない以下の貴重なラム酒も販売されます。



樫樽貯蔵ラム「BONIN ISLANDS RUM GOLD」
 5000円(300ml)
10年余りの歳月を樫樽で熟成した琥珀色の貯蔵ラムです。
小笠原返還50周年を記念し島内限定販売2000本のラムを今回特別に麻布十番納涼まつりにて島外販売致します。
数量に限りがあるため、売切御免です。その豊饒な香りと旨味をぜひご堪能ください。



海底熟成ラム「Mother
 4300円(300ml
母島で出来上がったラムを海底熟成に耐え得る専用ボトルに詰めて、母島近海の1015mの海底へと沈められ1年程熟成させています。毎月150本程しか出荷できないため、貴重なお土産として人気があります。



興味のある形は是非この機会に麻布十番で小笠原の香りをお持ち帰りしていただければ幸いです。

平成30年度小笠原漁業就業体験の開催のご案内

紺碧の海に囲まれた自然豊かな島、小笠原父島及び母島にて、漁師の仕事を体験できる「漁業就業体験」を開催します。
 漁師になりたい、漁業に興味がある、釣りが好き、離島で働きたいなどとお考えの皆様、小笠原での漁師の仕事・暮らしを体験してみませんか?


詳しくはこちら


小笠原(父島)漁業就業体験の開催のご案内

https://www.tokyoislands-net.jp/corporationnews/5096


小笠原(母島)漁業就業体験の開催のご案内

https://www.tokyoislands-net.jp/corporationnews/5098

サマーフェスティバル2018「盆踊り&大花火大会」

今年は天候に恵まれ、無事3日間お祭りを行うことが出来ました。

多くの村民、観光客の皆さんが会場にいらっしゃいました。






盆踊りも夜店も大盛況で、

2日目には打ち上げ花火も行われ、多くの人の目を楽しませてくれました。

 

 

さて、サマーフェスティバルも半ばまでやってまいりました。

次のイベントは、本日8月14日(水)に「星空観望会」が予定されています。

母島の様子!

サマーフェスティバル2018「JAMMIN’」

次は8/10(金)から3日間に「盆踊り」がお祭り広場で夕方6時30分から行われる予定です。

8/11(土)には花火も打ち上げられます。



皆様、ふるってご参加ください!

母島の様子!



サマーフェスティバル2018「ウミガメ放流」

8月2日(木)、サマーフェスティバル2018の2つ目のイベント、「ウミガメ放流」が行われました。

ウミガメの放流を見ようと多くの観光客・島民の皆様が集まってくれました。

 

まず、最初に小笠原海洋センターのスタッフさんからカメについてのレクチャーがありました。



そして待ちに待ったウミガメの放流。
可愛らしい子ガメたちが海に向かって歩き出しました。



また、この子ガメたちが大きくなり小笠原に産卵に戻ってくるのが待ち遠しいですね!



さて、今後もサマーフェスティバルは続々とイベント目白押しです。
次は8月4日(土)、「JAMMIN’」が、お祭り広場で午後5時30分から開場し、午後6時から開始します。

 

皆様、ふるってご参加ください!

母島の様子!

サマーフェスティバル2018「南洋踊り&KAKA」

7/29(日)、今年最初のサマーフェスティバルイベント「南洋踊り&KAKA」が、

お祭り広場にて行われました。

台風の影響で1日延期になってしまった影響か、開始前は、少しガランと

していましたが、開始直前になると多くのお客さんが集まってくれました。



最初に南洋踊りの由来などの説明があり、

そして、南洋踊りとKAKAの演奏が披露されました。



南洋踊りとKAKAの演奏の披露の後は、お客さんにも南洋踊りを覚えて

帰ってもらおうということで、その場でお客さんにレクチャータイム。



お客さんの間に踊り手さんが入り、彼らをお手本にみんなで練習しました。

そして、曲に合わせてみんなで南洋踊りを踊りました。



大人数で踊ると一体感もすごいですね!

最後にみんなで小笠原古謡「レモン林」を歌い、

お客さんはKAKAをたたいてみたり、踊り子さんと記念撮影をして無事終了しました。



さて、サマーフェスティバルはまだまだ続きます。

次は、明日8月2日(木)に「ウミガメ放流」が

大村海岸で夕方4時30分から行われる予定です。

皆様、ふるってご参加ください!

母島の様子!

 

保健師(小笠原村職員)の募集

ただいま小笠原村では「保健師職員の募集」を行っております。
保健師免許をお持ちの方、世界自然遺産の島で一緒に働いてみませんか?

小笠原村は人口約2,500人が暮らす東京都の島です。実は島で暮らす人達のほとんどが移住者ですので、お母さんや子供達、年配の方たちともすぐに親しくなれますよ。また、島での生活や仕事に慣れるまでは先輩保健師からのアドバイスがありますので心配いりません。
そして、しっかり仕事をした後は…、小笠原ならではの楽しみも待っています。その一部をご紹介します。
⤵父島の小港海岸(遠浅できれいなビーチ)

⤵父島:三日月山から集落を望む

⤵夜は満点の星空も

自然と隣り合わせの大自然の小笠原諸島。仕事も休日も含め、一人で何役もこなす島の保健師として、一緒に働きませんか~!!
保健師の一日などは、こちらからどうぞ。↓
小笠原村 『保健師LIFE』

募集期間は、7月2日(月)~9月10日(月)
試験内容は、書類選考と面接試験のみ。※試験は本土(港区)の「東京連絡事務所」でも実施可能です。
詳細は、こちらをご覧ください。↓
小笠原村公式HP(職員募集ページ)
※医師、看護師も募集中です。

その他、気になることがあれば、お気軽にお問い合わせください。
《保健師業務に関する事》
   村民課福祉係 04998-2-3939
《職員募集
等に関すること》
   総務課総務係 04998-2-3111