おがさわら丸 特1等室お試しキャンペーン!

小笠原海運が定期船おがさわら丸で【特1等室お試しキャンペーン】を始めます!
なんと、平成28年11月1日東京発便から平成29年2月8日父島発便まで特1等室運賃20%引きになります!
※平成28年12月29日東京発便と平成29年1月2日父島発便は除く
元の値段から約1万円値引きされ、1等室の運賃とほぼ変わらない値段になりますので、せっかくの旅のひと時、どうせならワンランク上の船旅を楽しんではいかがでしょうか?

img_cabin_021
詳しくは 「特1等室お試しキャンペーン」をご覧ください。 

母島の様子!

サマーフェスティバル2016 フラ・オハナ

9月4日(日)、サマーフェスティバル2016の最後のイベント「フラ・オハナ」が行われました。


P9041412

多くの観客の皆様がフラ・オハナを見に会場に集まってくれていました。

P9041409

そして、子どもから大人まで多くの出演者の皆さんがすばらしいステージを披露してくれました。

P9041421
P9041433
P9041439
P9041459

これにてサマーフェスティバル2016はすべてのプログラムを終了しました。
イベントに関わったすべての方々、お疲れさまでした!

また来年も楽しいサマーフェスティバル、期待しています。

母島の様子!

サマーフェスティバル2016 Newsボニンタイム

9月3日(土)、サマーフェスティバル2016「Newsボニンタイム」が行われました。

P9031343

P9031354

生放送のニュース番組風に行なわれるこのイベント。
島のお店や特産品のCMがスクリーンで放映されたり、新船おがさわら丸の取材映像が放映されたりと本当にTVを見ているみたいでした。

P9031374

また、特に常夏戦隊ボニンレンジャーのヒーローショーは見に来た子供たちにも大変好評だったと思います。

P9031401

ショーが終わった後には子供たちとの握手会が行なわれました。
小笠原を守ったヒーローたちと握手が出来てよかったね、子供たち!

母島の様子!

2016 小笠原フォトコンテストの応募受付中

小笠原では、2年に一度「小笠原フォトコンテスト」を実施しています。
このフォトコンテストは、「世界自然遺産・小笠原諸島の自然と人の素晴らしさ」をテーマに、皆さまの捉えた小笠原諸島のこの一枚から、旅の思い出写真など、海・山・人・星・動植物に至るまで幅広くご応募いただけるフォトコンテストになります。
入賞者にはすばらしい商品が贈呈されますので、観光で小笠原に訪れた旅行者の皆様方も是非思い出にたくさんの写真を撮っていただき、フォトコンテストにご応募ください。
現在、サマーフェステイバルが行なわれており、普段とはまた違ったすばらしい写真が撮影できるのではないでしょうか?
早速本日、「南洋踊りとKAKA」が、お祭り広場で夕方7時30分から行われます。

皆様、ふるってご参加ください!

〇募集作品
 小笠原で撮影された、小笠原の魅力を伝える作品。
 今回は3部門での受付・表彰を行いますので、それぞれ部門指定でご応募ください。
  ◎ マリン(海)部門
  ◎ フィールド(陸)部門 
  ◎ ヒューマン(人)部門

〇募集期間
  平成28年5月2日(月) から 平成29年1月13日(金)必着分まで

〇応募方法 
  1.応募作品の規格
   600万画素(2816×2112ピクセル)以上のデジタル写真の2L(127㎜×178㎜)
   またはキャビネサイズ(130㎜×180㎜)のカラープリントのみ
   ※上記のサイズ指定での応募受付となりますので、ご注意ください 。
  2.応募できる点数
   全部門の作品合わせて、お一人5点まで
  3.応募方法
   募集要綱の「応募票」に、必要事項を記入の上、作品と一緒にご提出ください。
     ※複数点での応募の場合は、それぞれ応募票にご記入ください。
    提出方法は次のいずれかの方法になります。
   (1)郵送 
     宛先:〒100-2101  東京都小笠原村父島字西町
        小笠原村役場 産業観光課 「フォトコンテスト係」宛
   (2)持ち込み
    村役場産業観光課、または母島支所窓口
    ※電子メールでの応募はできません。ご了承ください。

 〇審査方法 
    写真家 : 榊原透雄氏 他による審査により決定します。 

 〇審査期間
   平成29年1月下旬 から 平成29年2月中旬

 〇賞
   ・最優秀賞(1名):賞金4万円、賞状、小笠原の特産品5千円相当、
               小笠原航路往復2等和室ペア乗船券 ※(協賛)小笠原海運㈱
   ・マリン部門賞(1名):賞金3万円、賞状、小笠原の特産品5千円相当
   ・フィールド部門賞(1名):賞金3万円、賞状、小笠原の特産品5千円相当
   ・ヒューマン部門賞(1名):賞金3万円、賞状、小笠原の特産品5千円相当
   ・佳作(各部門それぞれ3名):賞状、小笠原の特産品1千円相当
   ・特別賞(4名):賞金1万円、賞状、小笠原の特産品5千円相当

  詳しくは、「募集要綱」ををご確認ください。
  なお「応募要綱」は、村役場産業観光課、母島支所、父島・母島両観光協会で配布しております。
 2016 小笠原フォトコンテスト 実施要綱

サマーフェスティバル2016 星空観望会

8月16日(火)は、サマーフェスティバルのひとつ、星空観望会が行なわれました。
多くの天体望遠鏡が用意されており、観察前には星座や土星、月等のレクチャーが行なわれました。

P8161337

月明かりが強く、いつもより見える星の数は少なかったですが、星座を見るにはちょうどいい状態だったようです。
星空観望会は8月31日にもう一度予定されていますので、興味をもたれた方は是非お越しください!

また次のイベントは、本日8月19日(金)に「野外映画上映会」長編アニメーション映画【氷川丸ものがたり】が予定されています。
皆様、ふるってご参加ください!

母島の様子!

サマーフェスティバル2016 盆踊り&花火

8月12日(金)~8月14日(日)までの3日間はサマーフェスティバル「盆踊り」が予定されていました。

残念ながら最終日の14日は天候不良が予想された為、中止となってしまいましたが、12日と13日の二日間は無事フェスティバルを行うことが出来ました。

P8131420

P8121373

多くの村民、観光客の皆さんが会場にいらっしゃいました。

盆踊りも夜店も大盛況でした。

P8131406

2日目には打ち上げ花火も行われ、多くの人の目を楽しませてくれました。

P8131424

しかし、南洋踊りでの悪夢再び。

盆踊りもラストというところで大雨が。

P8131426

ですが、踊っている皆さんは雨にも負けず盆踊りを続行。

踊り終わった後もアンコールでさらにみんなで踊りました。

ある意味、ただ盆踊りに参加するより印象深い思い出になったのではないでしょうか?

さて、サマーフェスティバルも半ばまでやってまいりました。

次のイベントは、明日8月16日(火)に「星空観望会」が予定されています。

母島の様子!

 

サマーフェスティバル2016 南洋踊り&KAKA

郷土芸能の夕べ(南洋踊り&KAKA)が、昨晩、お祭り広場にて行われました。

開始10分前は直前に雨が降ったせいか、ガランとしていましたが、

開始直前になると多くのお客さんが集まってくれました。

P8041347

最初に南洋踊りの由来などの説明があり、

P8041357

そして、南洋踊りとKAKAの演奏が披露されました。

P8041371
P8041394

南洋踊りとKAKAの演奏の披露の後は、お客さんにも南洋踊りを覚えて帰ってもらおうということで、

その場でお客さんにレクチャータイム。

お客さんの間に踊り手さんが入り、彼らをお手本にみんなで練習しました。

P8041411

そして、曲に合わせてみんなで南洋踊りを踊りました。

大人数で踊ると一体感もすごいですね!

P8041453

最後にみんなで小笠原古謡「レモン林」を歌っていると、

P8041500

まさかのスコールが!

みんな慌てて雨宿り。

P8041506
P8041504

後もう少し雨も待ってくれればよかったんですが、

これもある意味、印象に残るいい思い出になるのかもしれませんね。

雨はすぐにやみ、お客さんはKAKAをたたいてみたり、踊り子さんと記念撮影をして無事終了しました。

P8041517





さて、サマーフェスティバルはまだまだ続きます。

次は、明日8月6日(土)に音楽愛好会による野外ライブ「JAMMIN’」が

お祭り広場で夕方5時30分から行われる予定です。




皆様、ふるってご参加ください!

母島の様子!

サマーフェスティバル2016 ウミガメの放流

 

昨日(8/3)、サマーフェスティバル2016最初のイベント、「ウミガメの放流」が行われました。

昨年は突然のスコールで雨の中の放流となってしまいましたが、 今年は非常にいい天気で
開始30分前の午後4時頃から続々とお客さんが集まりました。

 

P8031363

最初に小笠原海洋センターのスタッフさんからカメについてのレクチャーがありました。

P8031374

そして待ちに待ったウミガメの放流。
1歳の可愛らしい子ガメたちが海に向かって歩き出しました。

P8031379

しかし、子ガメにも性格の違いがあるのか1匹だけ、じっとして海に向かわないのんびりやさんが・・・。

P8031381

そんな、のんびりやの子ガメも放流を見に来た子供たちが声援を送ると、その声が届いたのか
ゆっくりとですが海に向かって歩き出し、無事に旅立っていきました。

P8031386
P8031393

また、この子ガメたちが大きくなり小笠原に産卵に戻ってくるのが待ち遠しいですね!





さて、今後もサマーフェスティバルは続々とイベント目白押しです。
次は本日、「南洋踊りとKAKA」が、お祭り広場で夕方7時30分から行われます。

皆様、ふるってご参加ください!

母島の様子!

 

 

水はだいじょうぶ?

真夏モード全開の小笠原。
朝夕にちょっとしたスコールがあるくらいで、連日いい天気が続きます。
観光のお客様的には超ラッキーな毎日ですね。

ただ、あんまりお天気続きだとちょっと気になることも。
大きな川がない小さな島の父島、母島。
あまり雨が降らないと、「水、だいじょうぶ?」というお問合せをいただきます。

今年はまだ台風もこちらには来てもいませんし…。
実際のところ、水、だいじょうぶ?

ということで、建設水道課の上水担当者に聞いてみました。

本日8月3日現在のダム貯水量は、

父島が79.3%、
IMG_3014

母島が89.1%とのこと。
22.6.7_乳房3

あら、結構余裕?
ちなみに、5年前の2011年の渇水の際は、同じく8月3日時点で父島は60.1%でした。

今のところ「水、だいじょうぶ!」というところです。
浄水場では鋭意、きれいな水をお届けしています。
DCIM100MEDIADJI_0049.JPG

ですが、皆さん日頃からの節水へのご協力、よろしくお願いいたします。

母島の様子!

小笠原サマーフェスティバル2016開催

8月3日(水)に開催される「ウミガメ放流」をスタートに今年も様々な
サマーフェスティバルイベントが約一ヶ月にわたって行われます。
小笠原の夏をお楽しみください!

今回のサマーフェスティバルでのイベント日程は次の通りです。

ウミガメ放流:8/3(水) 16:30~17:30 大村海岸

南洋踊り&KAKA:8/4(木) 19:30~20:30 お祭り広場 (予備日8/5)

JAMMIN’: 8/6(土) 17:30~21:00 お祭り広場(予備日8/20) 

盆踊り:8/12(金)~8/14(日) 18:30~21:00 お祭り広場

花火大会:8/13(土) 20:00~20:30 お祭り広場

星空観望会:8/16(月) 19:30~21:00 お祭り広場 (雨天中止)

野外上映会:8/19(金) 19:00~20:30 お祭り広場 (予備日8/26)

南洋踊り&KAKA):8/24(水) 19:30~20:30 お祭り広場 (予備日8/25)

フラオハナ:8/28(日) 17:00~21:00 お祭り広場 (予備日9/4)

星空観望会:8/31(水) 19:30~21:00 お祭り広場 (雨天中止)

NEWボニンタイム:9/3(土) 18:30~21:00 お祭り広場 (予備日なし)





皆様、ふるってご参加ください!

母島の様子!